丸いiPhone6Sの画像って結局なんだったのか

丸い形をしたiPhone6の画像を目にしたことのある方も多いのではないでしょうか。
これは実際にはiPhone6の画像という訳ではなく、あくまで開発段階で作られた画像のようでしたが、カドが丸くなっており長方形というよりも、楕円形をしているのが特徴です。
しかしそれよりも大きな特徴は背面カバーの部分も、平らではなく流線型になっているというところです。
ちょっと奇をてらいすぎな感もありますが、意外と手のひらにフィットして持ちやすいのではないかな、という印象も受けました。
実際のところは、みなさんご存知の通りiPhone6は、従来のものと同様の形状をしているようですが。
今後さらに独創的なデザインのものが発売されるのかも、と思うとまた楽しみが増えてきます。