行政書士にはどんな科目がある?

行政書士を受けるなら、どんな科目があるのかということも知っておく必要があります。
そこで、行政書士にはどんな科目があるのかというと、法令科目と一般知識科目の2つがあります。
法令科目の中には、憲法・民法・商法・行政法・基礎法学といった分野が含まれます。
これは行政書士を目指すにあたって初めて学ぶ専門的なこととなるでしょう。
また、一般知識科目には「政治・経済・社会」・「情報通信・個人情報保護」・「文章理解」が含まれています。
割合でみると、法令科目の方が問題量が圧倒的に多くなっています。
しかし、少しでも点を取ることを考えると一般知識科目も疎かにはできません。
こちらの方で万点を取る勢いで行かなければいけません。